【シャドーコリドー 影の回廊】最初の迷宮ステージ『ヒグラシの回廊』攻略まとめ

Pocket

みなさん、こんにちは!
ダヤマです。

今回は、和風ホラーゲーム『シャドーコリドー 影の回廊』の最初の迷宮ステージ、ヒグラシの回廊について初心者の方には知っておいて欲しい攻略情報をまとめました。

ぜひ、参考にしていただきたいと思います。

<この記事を見ることで分かること>

  • 勾玉のある場所
  • 徘徊者(敵)の種類と出現数
  • 徘徊者別の対処法
  • 【プレイしてみての個人的】攻略難易度

また、以前に『シャドーコリドー 影の回廊』に関する初心者に覚えておいてほしい基本的なポイントをまとめた記事も投稿していますので、まだ読んでない方はそちらを読んでから当記事を読むことをおすすめします。

勾玉のある場所

ステージクリアには勾玉が必要です。
その勾玉の置いてある場所や取得難易度はステージによって異なります。

鍵のかかった部屋に100%置いてある

『シャドーコリドー 影の回廊』の各ステージには鍵のかかった部屋があります。
鍵のかかった部屋の先には、勾玉・有用アイテムなどがあることがあります。
しかし、ステージによっては、勾玉は置いてあるが徘徊者(敵)が目の前に出現してくる仕掛けを潜り抜けないといけないところもあります。

ヒグラシの回廊内の鍵のかかった部屋は、“100%”勾玉がノーリスクで入手できます!
ご安心ください。(まぁ・・、そういうのはこのステージくらいですが)

鍵は迷宮内のタンスや棚に置いてあることが多く、しっかり探索できていれば鍵に困ることはありません。

初心者の方で徘徊者(敵)に襲われるリスクなく勾玉を入手したい場合は、この方法を1番おすすめします!

泣いている女性(泣き声の主)のすぐそばに置いてある

鍵のかかった部屋以外にも勾玉は置いてあります。
1つは、迷宮中でたまに遭遇する泣き声の主(敵)のすぐぞばにおいてあります。

しかし、泣き声の主はその場でずっと泣いているため離れることがありません。よって、勾玉入手のためには泣き声の主を一旦、遠ざけなければなりません。
後の方でも説明しますが、泣き声の主をその場所から遠ざけるのであれば、アイテムの爆竹を誘導したい場所に向かって投げると、爆竹が鳴りはじめ、泣き声の主はそれに向かって歩き出します。

そうすれば、勾玉を入手できます!
泣き声の主は、一度その場所に誘導すると、また爆竹誘導するまでその場所にとどまります。

注意していただきたい点

  • 泣き声の主の近くで歩かない+走らない(かがんで歩く)
  • 泣き声の主に近づきすぎない
  • 爆竹を他の徘徊者が近くにいるとき使うとその徘徊者もこっちに来てしまう

鍵のかかってない部屋の棚入っていることも(かなりラッキー)

鍵のかかってない普通の部屋にある棚?タンス?のようなものが置いてありますね。

なんと、この中に入っていることもあります。
しかし、これが置いてある部屋は私がプレイしていてこの部屋にしかなかったように思えます。
もし、この方法で勾玉を入手できた方がいたらラッキーです!

徘徊者(敵)の種類と出現数、対処法

ヒグラシの回廊で現れる徘徊者の種類は3種類います。

  • 神楽鈴の徘徊者
  • 泣き声の主
  • 走り廻る徘徊者

神楽鈴の徘徊者

能面を被り、「シャン・・・・シャン・・・・」と神楽鈴を不気味にならしながら迷宮内を徘徊しています。
そして、プレイヤーを見つけると神楽鈴を激しく鳴らしながら速い速度で追いかけてきます。

この「シャン・・・・シャン・・・・」となっているときに走ると、その場所まで確認しにきます。
2連続で神楽鈴の音が鳴ると、方向転換しています。
なので、神楽鈴の徘徊者がどっちの方向に進んだのか把握することも大切です。

【出現数】

初心者挑戦者
24

【対処法】

走っての移動はやめましょう。基本は歩きでの移動で。
「シャン・・・・シャン・・・・」と聞こえ、明かりが点滅し始めてきたら、
近くに部屋がある場合は部屋に入り、扉を閉めて過ぎるのを待つ or カゴ(ロッカー)が近くにある場合は入り、明かりを消す or 隠れられそうな物陰にかがんで明かりを消しておく ということを心がけてください。

また、見つかった場合は、古いカメラ手鏡水晶玉を使い逃げましょう。

※見つかってない状態であれば、爆竹での誘導も可能です。
この誘導するテクニックはこの後のステージで使うことが多くなるかもです

泣き声の主

泣き声の主は他の敵とは違い、徘徊しておらず、固定の場所でうずくまって泣いています。

泣き声がし始めたら、かがみ歩き・明かりを懐中電灯からライターに変えましょう。
この泣き声がする範囲で歩いたり、懐中電灯の光を直接当てると、立ってあたりを見渡し「どこにいるの・・」と言いながら移動し、そのまま歩く or 走る、懐中電灯の明かりを当て続けると見つかり、すごい早い速度で追いかけてきます。
爆竹を使って誘導が可能だが、爆竹が鳴っている状態でも走るとすぐに見つかってしまいます。

そして、泣き声の主の範囲にいるときに他の徘徊者に見つかってしまうとかなり積みに近いです・・。
走って逃げたいけど、走ると泣き声の主が猛スピードで襲ってきますし・・。
泣き声の主の範囲で他の徘徊者が近づいてきたら、物陰で明かりを消して隠れておくのがベストです。

泣き声の主が泣いてうずくまっているすぐそばには、勾玉や有用アイテムが置いてあることが多いです。

【出現数】

初心者・挑戦者共通
6

【対処法】

泣き声が聞こえたら、かがんで移動するようにしましょう。
また、勾玉を入手したい場合は、爆竹を誘導したい場所に向かって投げてください。

基本的にこのことを心がけていれば、このステージでは大丈夫です。

走り廻る徘徊者

黒いゴムみたいな無数の手をバタつかせて早い速度で移動しています。

この徘徊者は爆音で移動しているため、近くで走っても目視されたり、近づきすき過ぎなければ大丈夫です。
しかし、移動速度が速いため、遭遇確率は意外に高いかもしれないです。

扉などを減速せずに破壊して移動します。
そのため、見つかってしまった場合は古いカメラや手鏡、水晶玉を駆使しないと逃げきれないかもしれません。

【出現数】

初心者挑戦者
11

【対処法】

「どたどた」という音が聞こえ、明かりが点滅しはじめたら、物陰か部屋、カゴ(ロッカー)に隠れてください。
見つかってしまった場合は、古いカメラや手鏡、水晶玉を駆使して逃げるか、明かりを消してカゴ(ロッカー)に入るかしてください。

【プレイしてみての個人的】攻略難易度

全く慣れていない方や、ホラー苦手な方は十分に難易度は高いと思います。
しかし、ある程度やっていくと比較的簡単にクリアできる難易度です。

私も、最初は「絶対できない・・・。」と半泣きでプレイしていましたが、40~50分でクリアしました(挑戦者モードで)。

もし、怖いけどやってみたいという人は、初心者モードで少しづつ慣らしていくと良いです。
初心者モードはマップ固定敵の数少ない敵に見つかっても追跡速度遅いので精神的にも楽にプレイできます。

<他のステージについて>

【路地】

【骸流しの渓谷】

【深淵】

【大食らい】

【霊魂の淵叢】

【肥大化した憎悪】

【聖域】

【邂逅】